TopPage

病気を発症し体調を崩した時に助けになるのが、「市販薬」から、病院などで処方されるオリジナルのお薬をはじめ、ジェネリック薬品まで含んだ「処方箋薬」などの様々な医薬品です。
このサイト「服用のケース別に学ぶ薬の情報ガイド」では、お薬に関する役立つ情報や服用体験談など、幅広く情報を提供しています。

ジェネリック薬品を活用しよう

ジェネリック薬品をご存知ですか?

ジェネリック薬品は簡単に言うとオリジナルの薬と同じ成分をつかって同じ効果が得られる安価な薬です。
ジェネリックと呼ばれる理由は、薬に含まれる有効成分の一般的な名前を薬の名前につける場合が多いことからきています。

開発費や研究費がかからないため、同じ効能や効果があってもそのオリジナルの薬と比較して約2~8割程度安く生産できるため、値段も半額程度まで抑えることができるのです。

同じ成分とはいいましたが、実際にはまったく同じではありません。
その病気に効く成分は同じでも、結合剤や賦形剤、崩壊剤、滑沢剤といった薬を作るためのものは、製薬会社毎に違いがあります。
その形状も錠剤タイプやカプセルタイムだったりと変わってはきます。

やはり慢性的な病気で通院を余儀なくされる人にとっては、薬代はばかになりません。
1回の風邪などでもらう薬ならまだしも、やはり大量の薬を毎回支払う必要がある場合は、ジェネリック薬品に替えることで、経済的にかなり負担を減らすことができます。

とはいっても全ての薬にジェネリック薬が存在するわけではありません。
ジェネリックが処方できなかったり、そもそも存在しない薬もありますし、薬剤師や医師によってはジェネリック薬をすすめないといった場合もあります。

Pick Up情報

まつげを伸ばすことによって、目元を強調することのできる美容液が話題です。「ルミガン」「ケアプロスト」といった人気のまつげ美容液を紹介しています。

  • 治療の幅を広げる先発医薬品と、治療学的に同等の成分・効き目で薬代自己負担が少ないジェネリック医薬品。2つを上手に組み合わせて使うことが、これからの医療のスタンダードです。
  • 生活習慣病対策のジェネリック医薬品

    ジェネリック薬が一番活用できるのは、血圧を下げる薬などといったような生活習慣病対策の薬でしょう。
    こういった薬であればジェネリック薬でも遜色がないため、毎日薬を飲む人にとってはその経済効果は絶大です。

    また、ジェネリックは偽物といったイメージが強いですが、実際はオリジナルのものより効果がある薬すら存在します。
    日本ではまだ敬遠することも多いですが、欧米ではあたりまえのようにジェネリック薬が使われています。

    ジェネリック薬を日本でも導入した経緯には国民の医療費を抑えることが目的です。
    国民ひとりひとりの医療費を減少することは、日本経済全体にとっても必要不可欠なのです。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ